メニュー

不整脈の診断・治療

心臓は、全身に血液を送り出すポンプのような役割をします。心臓の筋肉は、電気信号によって規則正しく収縮と弛緩を繰り返し、血液を送り出しています。不整脈とは、心拍数や心臓の鼓動のリズムが一定でない状態の事を言います。

不整脈の症状としては、動悸、めまい、失神、胸部違和感、息切れがありますが、症状が出ない場合もあります。

心電図、ホルター心電図、心臓超音波検査などを用いて診断を行います。

治療

治療は、投薬によって不整脈を抑えたり、脈拍をコントロールしたりします。また、投薬の必要のない不整脈もあります。

その他、ペースメーカーや植え込み型除細動器 を導入する外科的な治療もあります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME