メニュー

脂質異常症

脂質異常症とは、「悪玉」のLDLコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が必要以上に増えるか、または「善玉」のHDLコレステロールが減った状態のことです。脂質異常症には、自覚症状はほとんどありません。血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。

しかし、脂質の値を適正に調節することによって、重大な合併症を予防できることがさまざまな研究から分かっています。

LDL-Cの変化

あなたは「コレステロールが高いよ」と言われて放置していませんか?

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME