メニュー

80列マルチスライスCT

CT室

CT室

 CTとはComputed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略です。身体の周りからエックス線をあて、体を通過したエックス線情報をコンピュータで解析し、連続した断層写真(輪切りの画像)を得る検査です。当院では、80列のマルチスライスCTを設置しております。この装置では、管球1回転(0.35秒)で同時に160スライスの断面を撮像することができます。心臓、血管などの三次元画像も画像処理によって構築でき、診断に役立てています。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME